晶文社

東京・神保町にある、文学・芸術を中心とした書籍と各種学校案内書を発行する出版社です。犀🦏のマークが目印です。
  • 新刊・既刊をとわず、書評や紹介の情報をアップします。
    1フォロワー
  • 注目の書き手たちによるオリジナルのウェブ連載。
    2フォロワー
  • 1960年創業の晶文社は今年が節目。書店でのフェア展開や関連イベントを紹介します。
  • 本のまえがき・あとがき・ぬきがき、イベントレポートやインタビュー記事など、ちょっと立ち止まって読んでみてください。
    3フォロワー
  • 「この新刊は、こういう棚で平積みされてます」「刊行したのは前だけど、こんなきっかけで再ブームに」などなど。営業担当だから
固定された記事

はじめますので、ご挨拶

こんにちは、わたしたちは晶文社という出版社です。 創業から今年で60周年を迎えます。人文・思想や芸術、文学、ライフスタイル、働き方など、さまざまなジャンルで単行本…

晶文社の電子書籍、続々配信開始!

晶文社では、電子で読みたいお客様の要望にお応えして、新刊からロングセラーまで続々配信を始めています。 6月22日(月)午後より配信の書籍は以下の通りです。 <6月22…

第2回 山を手に入れた!

「こんな木は燃し木にしかならねえ。」  前回の内容とも少し重複いたしますが、私が生まれ育ち、現在も暮らしている神奈川県の山北町は、面積の9割が森林でできています…

第1回 一介の青年が山を買うまで

新連載「山を買う」がスタートします 世間で言われているように、ほんとうに日本の林業には絶望しかないのでしょうか。多くの山主さんが自分の山を愛せずに放置している状…

晶文社 創業60周年フェア開催中!

2020年2月に迎える晶文社の創業60周年を記念したフェアが、全国の書店様で始まっています。 犀の角のようにただ独り歩め―― 小社ロングセラーから最近話題の書籍まで、幅…

樋口恭介『すべて名もなき未来』まえがきを公開します

気鋭のSF作家・批評家である樋口恭介さんの評論集『すべて名もなき未来』が5/27に発売になります。発売に先立って、本書のまえがきにあたる「序 失われた未来を求めて」を…