晶文社

東京・神保町にある、文学・芸術を中心とした書籍と各種学校案内書を発行する出版社です。犀🦏のマークが目印です。
    • ウェブ連載
      ウェブ連載
      • 12本

      注目の書き手たちによるオリジナルのウェブ連載。

    • 書店様向け情報
      書店様向け情報
      • 5本

      「この新刊は、こういう棚で平積みされてます」「刊行したのは前だけど、こんなきっかけで再ブームに」などなど。営業担当だからできる、晶文社本の総合案内。

    • 新刊・既刊・パブ情報
      新刊・既刊・パブ情報
      • 15本

      新刊・既刊をとわず、書評や紹介の情報をアップします。

    • 立ち読み・試し読み
      立ち読み・試し読み
      • 10本

      本のまえがき・あとがき・ぬきがき、イベントレポートやインタビュー記事など、ちょっと立ち止まって読んでみてください。

    • 吉田悠軌の異類捜索記
      吉田悠軌の異類捜索記
      • 6本

      「絶対に語ってはいけない」と言われる怪談は、なぜ語り継がれるのか――。   現代にも息づく都市伝説の背景と系譜を明らかにし、それでも残る謎を見いだすための探究の道へ。とらえようとすればするほど、つかんだと思ったその瞬間に、蜃気楼のように逃げていく「真相」。「うわさ話」苦悩の時代において、それでも輝きを放つ都市伝説のエネルギーとは。人面犬、神隠し、樹海村、白いセダン、ポルターガイスト、そして、カシマさんと牛の首から口裂け女、テケテケに至るまで「異類」の世界を練り歩くフィールドワーク。(カバーイラスト:津川智宏)

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

はじめますので、ご挨拶

こんにちは、わたしたちは晶文社という出版社です。 創業から今年で60周年を迎えます。人文・思想や芸術、文学、ライフスタイル、働き方など、さまざまなジャンルで単行本…

第9回 後払いOKの「無人販売所」

空前のキャンプブームにつき  2020年、新型コロナウィルスが流行りだしてからというもの、世の中の潮流が劇的に変わってきていることは誰しも疑わないことだと思います。…

第8回 木の価値を高めるための方法―その2

世にも珍しい林業エンタメ  突然ですが、『WOODJOB! ~神去(かむさり)なあなあ日常~』という映画はご覧になりましたか? 本連載を読んでくださっている方は少なから…

夕刊コラム「モヤモヤの日々」スタート@晶文社スクラップブック

晶文社スクラップブックにて、宮崎智之さんの新連載がはじまりました。 テーマは「モヤモヤ」。 宮崎智之さんといえば、著書『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ…

第四回書評でふりかえるフェア2020年

今年一年間に新聞・雑誌等で紹介され好評を博した書籍を集めたフェアを開催中です。書評で見かけ気になっていた書籍、読み忘れていたあの一冊をご覧いただけるチャンスです…

第7回 山には危険がいっぱい(山仕事の危険について)

私がおちいっているジレンマ  担い手不足に悩んでいる業界で働いている人ほど情報発信が必要だ、という考えのもと、これまでTwitterを中心にコツコツと情報発信を続け…