『自分の薬をつくる』CM:②パステル画編

畑と並行して始めたパステル画に込めた思いとは。
「山を越えると畑の方に来る。その瞬間景色が変わる。空がわーっと見えるんです」
写真ではなく、風景を絵にするということについて。


10
東京・神保町にある、文学・芸術を中心とした書籍と各種学校案内書を発行する出版社です。犀🦏のマークが目印です。

こちらでもピックアップされています

坂口恭平さん『自分の薬をつくる』刊行記念特設マガジン!
坂口恭平さん『自分の薬をつくる』刊行記念特設マガジン!
  • 6本

建築、絵画、音楽、料理、工芸、編み物、そして小説の執筆と縦横無尽に創作を重ね続ける坂口恭平さんの最新刊『自分の薬をつくる』を記念して、本書にまつわる様々なイベントやコンテンツをこのマガジンで紹介していこうと思います。あらゆる悩みがなくなる唯一の(!?)処方箋「自分の薬」とはどのようにしてつくることができるのでしょうか。